2012年8月24日 <和菓子尽くしの午後>

富山でナンバーワンだと私が思っている和菓子職人さん、引網康博さんに、和菓子のおいしさ、楽しさを徹底的に教えていただくイベント <和菓子尽くしの午後>を開催いたしました!

会場は、とやまスローライフフィールドのモデルハウス。

講師は、引網香月堂の、引網康博さんです。

講師は引網康博さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、上生菓子の代表である「練りきり」をつくってみます。

「練りきり」は、白あんをベースにした和菓子で、季節のお花などをデザインする美しいお菓子。

お客様は、「菊」ともう1種類のお花のお菓子の成形にチャンレンジしました!

お手本を見せてくださる引網さんの手さばきはおみごと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、引網さんが、10種類の異なる練りきりをつくる実演をしてみせてくださいました。あまりの美しさに皆様、ため息です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本葛」をつかったくずもちづくり。本葛は、希少なもので、お値段もちょっと張りますが、できるお菓子はほんとうにおいしいのです。

よく練って透明になった葛を、あついうちに、茶碗にいれ、お客様一人一人が「あん玉」を入れてみました。

くずまんじゅうのできあがりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お抹茶とともに、引網さんの作ったねりきりや、葛饅頭を試食。

その間に引網さんは「本ワラビ粉」を使ったわらびもちをねってくださいました。

さいごに、丹波大納言と北海大納言の粒あん、仕事をしてある「こし餡」と仕事してない「こし餡」のテイスティング。

「アルパカコーヒー」と引網香月堂のコラボで新発売する「和菓子のためのコーヒー」とともにいただきました。

COPYRIGHT © 2012 エコロの森 all rights reserved.