麹とサンショウがたっぷり!サバ寿司を作ろう(5月23,24日)

南砺市井波の西別院で、7月にお斎料理として出す「サバ寿司」を毎年5月に仕込んでいます。
お寺で地元の方々が毎年、仕込んでいるこのサバ寿司づくりに参加させていただき、地域の伝統を体感していただきます。

※サバ寿司=塩サバを、麹や山椒とともに漬け込み2か月ほど発酵させるなれ寿司のこと。福井などのやきさば寿司のようにごはんがついているものではありません。

※富山県南砺市の西別院や、瑞泉寺では7月にお斎料理として出すサバ寿司を5月に仕込みます。
城端の善徳寺でもサバ寿司を作りますがこちらは麹なしです。

◆5月23日木 8:00~16:00ごろ ※ご都合のいい時間においでください
◆5月24日金 8:00~15:00ごろ ※ご都合のいい時間においでください。早く終わる場合があります。
◆場所 南砺市 井波 西別院

※23日早朝5時から、サンショウの採取もあります。
参加ご希望の方はお知らせ下さい

参加費 お1人様 1日2000円(お寺への謝礼代など。昼食が出ます)

どちらか1日でも、来られる時間にいらしていただいて結構です。
①1日目はサンショウ、麹の支度です
②2日目はサバの準備と漬け込みです。
参加された方には、7月にできた「サバ寿司」をプレゼント!
※7月にサバ寿司食べ比べツアーも実施します!

◆参加できる方は、参加日と大体のお時間をお知らせください。

クッキーの広告配信利用について
COPYRIGHT © 2012 エコロの森 all rights reserved.